積水テクノ成型株式会社
お問い合わせフォーム

スリーブ管・ボイド管 簡単固定「スリーブホルダー」

スリーブ管・ボイド管を差し込むだけの簡単固定

配管スリーブを型枠施工する際には、針金で固定する方法が一般的でしたが、スリーブホルダーなら鉄筋に差し込むだけで簡単に施工できます。

特許出願中

製品ラインナップ

スタンダードタイプ(布基礎用) - D10仕様

スタンダードタイプD10-50
種  類:50Ø 
標準適合スリーブ:50Ø ※1 
材  質:リサイクルPPカラー:黒
梱  包:500個対応鉄筋:D10用

スタンダードタイプ(布基礎用) - D10仕様

スタンダードタイプD10-100
種  類:100Ø 
標準適合スリーブ:100Ø ※2 
材  質:リサイクルPPカラー:黒
梱  包:500個対応鉄筋:D10用

スタンダードタイプ(布基礎用) - D13仕様

new type
種  類:50Ø 
標準適合スリーブ:50Ø ※1 
材  質:リサイクルPPカラー:黒
梱  包:500個対応鉄筋:D10用

スタンダードタイプ(布基礎用) - D13仕様

new type
種  類:100Ø 
標準適合スリーブ:100Ø ※2 
材  質:PPカラー:グレー
梱  包:500個対応鉄筋:D13用

45度傾斜タイプ(ベタ基礎要)

45度傾斜タイプ
種  類:100Ø 
標準適合スリーブ:100Ø ※2 
材  質:リサイクルPP 
梱  包:500個対応鉄筋:D10、D13用

※1 40Ø~75Øまで結束線で結束することで使用可能
※2 75Ø~125Øまで結束線で結束することで使用可能

特長

  • コンクリートのかぶり厚を一定に確保。
    これまで、配管スリーブを型枠施工する際には、結束線で固定する方法が一般的でした。この方法だと、施工時間がかかり、本来の位置ではない場所に固定したりするケースも多くありました。
    スリーブホルダーなら、鉄筋に差し込むだけの簡単施工。鉄筋から離れた位置に固定でき、コンクリートのかぶり厚を一定に保つことができます。
  • プラスチックが鉄筋から錆を守る。
    スリーブホルダーはプラスチック製のため、ボイド管を外した後に水が結束線を伝って鉄筋が錆びる心配はありません。
  • 施工ミスを防ぐ結束栓フック。
    フックを使って結束線で鉄筋に固定できるので、コンクリート打設時にスリーブ
    ホルダーが鉄筋から外れるのを防ぎます。
  • 位置決め簡単。正確な平衡配置も短時間。
  • 斜め45度配管の位置決めが簡単、確実に。

会社概要

会社概要へ